読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールを飲む理由

飲食店オーナーを目指すサラリーマンが、日々収集したフードビジネスやサービス業についての情報を書き込む備忘録

「塚田農場」のエー・ピーカンパニーの成長神話に急ブレーキか?

f:id:fuwablog:20160512135111j:plain

要点:エー・ピーカンパニーが5月11日に平成28年3月期の決算を発表しました。売上高は前期比13.5%増の218億3900万円でしたが、経常利益は44.7%減の8億2500万円。来期の予想は売上高が10.8%増の242億円、経常利益が微増6.6%の8億8000万円。今期も来期も冴えません。貸借対照表の中身をパッと見ると、どうやらパッとしませんね、という話。

 

■首都圏の店舗が何やら振るわない様子

 業績をセグメント別で見ると、販売事業(飲食事業)の売上高が前期比13.7%増の206億7600万円。セグメント利益は54.4%減の4億9600万円。

 ここまで落ち込んだ理由は以下の通りです。

①:主力の首都圏店舗が不振。前期比で売上高は93.4%と昨対割れ

②:海外展開(シンガポール)による事業譲渡費用の膨張

 首都圏の売上が落ちているというのは気になります。

 なので、エー・ピーカンパニーは関西や関東の郊外エリアの出店も進めているようです。が、都会のサラリーマンに受けるスタイル(名刺、昇進制度)をセールスポイントにしている塚田農場が、いわゆるブルーカラーの多い地方でウケるのか。ちょっと心配です。

f:id:fuwablog:20160512231622j:plain

■出店数も激減!新規出店は45から15店舗へ

 28年3月期の新規出店数は直営38、ライセンス7店舗。そこそこ勢いがありましたが、29年3月期はなんと15店舗に収まる様子。なるほど、それなら海外でバンバン稼ぐのかと思いきや、今期のプラス収益はナシ。海外事業の収益は次期へと持ち越しになりました。

 昨対の経常利益が44.7%減収となった28年3月期。29年3月期の経常利益見通しが6.6%増の8億8000万円となると、なんだか寂しいとしか言いようがありません。

 業績発表で「海外にこそ活路があるんです!」という前のめりの姿勢があれば、期待もするのですが、今回はどうもその勢いがなく……。

貸借対照表のバランスがいっきに悪くなりましたね

 おそらく海外事業への投資が響いているのだと思います。貸借対照表のバランスが28年3月期で非常に悪くなりました。

こんな感じです。

 

     27年3月期     28年3月期

流動資産 59億9500万円   52億5400万円

固定資産 37億6300万円   51億500万円

流動負債 40億500万円     44億8300万円

固定負債 80億6800万円   92億1200万円

 

 不動産(物件)の取得により、固定資産が膨らみ、流動資産が減少しています。長期借入金もかなりの額が膨らみました。

 海外事業が上手くいけば、新たな成長戦略の絵が描けますが、万が一失敗したら……。飲食店にありがちな、減損、減損、そして減損。そんな日がやってこないことを、祈るばかりです。

 

-------------------------------------------------------------------------------

【関連News】

 エー・ピーカンパニーの28年4月度の売上高は前年比117.9%。客数は119.6%、客単価は98.6%だった。

 

【PR】

新宿 女子会 キリストンカフェ

新宿エリアの女子会で人気No.1のお店