ビールを飲む理由

飲食店オーナーを目指すサラリーマンが、日々収集したフードビジネスやサービス業についての情報を書き込む備忘録

飲食・外食

中目黒高架下開発計画のテナントが出揃ったところで実際の賃料を見てみる

要点:東急電鉄が1600億円もの費用を投じて開発を進めるプロジェクト!「渋谷再開発」の、裏でひっそりと進められていた中目黒の高架下開発計画。中目黒駅の真下の空間約700メートルを、店舗・事務所など40区画に分けて貸し出そうというものです。28のテナン…

大戸屋のお家騒動を村上春樹風にまとめてみる

画像:大戸屋金沢 はじめに:大戸屋ホールディングスがお家騒動に関する、第三者委員会の凄まじい報告書を提出しました。雪国まいたけ、大塚家具どころの騒ぎじゃないです。報告書の方も内容をまとめきれずに、物語風になっているあたりも最高です。渦中にい…

福証のジョイフル(9942)は狙い目銘柄か?

画像:ジョイフル 要点:東京には3店舗しかなく、その希少価値からレアポケモンが出ることでプレーヤーの聖地となったジョイフル(嘘です)。実は全国で768店舗展開する、ファミリーレストラン業界3位の強者です。この会社、福証なのでほとんど知られていま…

回転ずし「かいおう」が倒産、中途半端な店は生き残りづらい時代に

画像:食べログ 要点:富山県発祥の回転ずしチェーン「かいおう」が8月末に倒産しました。負債総額は6億7000万円。都内では「お台場」などに出店し、一時期はFCを含め全国36店舗を展開。2015年1月期の売上高は19億1900万円(純損失は3000万円)でした。「か…

「飲食店.COM」のシンクロ・フード新規上場はVCナシの優良案件です

要点:飲食店経営者と、外食関連業者のマッチングビジネスプラットフォーム「飲食店.COM」を運営するシンクロ・フードが9月29日にマザーズ市場に新規上場します。公募株数40万株で、想定発行価格は1960円。およそ15.8億円の資金調達になります。この会社、VC…

そば居酒屋「高田屋」でお馴染みのタスコシステムが倒産

要点:「北前そば高田屋」や焼き鳥「とり鉄」などを運営していたタスコグループが先月倒産しました。2001年にジャスダックに上場、2003年のピーク時の売上高は182億3700万円にも達していました。「升屋」「月の虎」など数々の業態を立ち上げ、2008年には直営…

外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

画像:バルニバービ 要点:外食企業バルニバービ(3418)が、不動産開発の日本エスコン(8892)と提携し、大津駅に簡易宿泊施設をオープンします。施設運営をバルニバービが手掛け、物件への一部投資と経営ノウハウを日本エスコンが提供するというもの。協業…

ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収!売り上げ規模は300億→400億へ

写真:ダイヤモンドダイニング 要点:外食上場企業大手のダイヤモンドダイニングが、「アロハテーブル」などで有名なセントレックス上場ゼットン(3067)の株式を公開買い付けします。買い付けの下限を40%と設定しており、完全子会社化への布石となります。…

狂気の沙汰か、イスラム圏進出への布石か?海帆(3133)のムスリム完全対応「ゆずの雫 姫路駅前店」

要点:海帆(3133)は7月1日にムスリムに完全対応した居酒屋「ゆずの雫」をオープンしました。場所はなぜか姫路駅前。イスラム教徒が多いわけでも、ムスリム観光客が多く集まるエリアでもありません。今回オープンした店舗は、イスラム教徒向けの礼拝所まで…

「物を売るってレベルじゃねぇぞ!SOL HOLDINGS(6636)」

要点:その名はスーパーソルガム。何がスーパーか。サトウキビより背丈が高く、1年間で2回の収穫が可能。高糖度で種まき後4ヶ月で収穫ができる。用途はシロップからバイオエタノールの原料と様々。そんなところがスーパーなのです。ところがこの神秘の植物、…

小僧寿し(9973)の成長戦略がまたしても”やらかしている”件

要点:小僧寿し(9973)が成長戦略を発表しました。これまた尖った内容です。今まで新規事業で業績回復を目指すと宣言し、市場から資金まで調達した「新規業態 ステーキ店」、「新開発 ラーメン店」は撤退を決定。業務の効率化を図る統合システムは2700万円…

PER59倍を気にしない人にオススメしたい優良企業サガミチェーン(9900)

要点:「和食麺処 サガミ」「味の民芸」でお馴染みのサガミチェーン。業績が好調です。16年3月期売上高は昨対で2.2%増の258億8700万円。経常利益は38.6%増の8億7600万円でした。17年3月期の予想を売上高0.4%増の260億円、経常利益を3.8%増の9億5000万円…

「酔虎伝」のマルシェ(7524)はそろそろ酔拳とか出さないとヤバい

要点:居酒屋「酔虎伝」や「八剣伝」、「居心伝」を運営するマルシェ。今期の経常利益が53%マイナスの8200万円と、いよいよ瀬戸際へと追い込まれました。このあたりで酔拳の一つでも出して大逆転を狙わないと、いよいよヤバいですよ、という話。 ■売上高減…

6月上場のコメダ珈琲は話題性でバブっている内に売るのが得策

要点:外食系、久々の大型案件です、コメダの新規一部上場。現在の680店舗から全国1000店を目指す成長性、業績が急拡大した話題性、誰でも知っている知名度。そんなわけで新規公開株(IPO)を手に入れようと、様々な投資家が食指を伸ばしています。が、個人…

「アタラナイカキ」でお馴染みの「ゼネラル・オイスター」、株価は海に沈む貝のように

要点:2015年にマザーズ市場に新規上場した「ヒューマン・ウェブ」。5月16日に決算を発表しました。16年3月期の最終損益は4億8600万円の赤字。上場直後に発表した前の期は1億5300万円の黒字でした。上場ゴールのいやーな空気が流れるなか、17年3月期の純利益…

フライングガーデン、株高狙わないってよ

要点:ファミリーレストランのフライングガーデン(3317)。5月9日に発表した2016年3月期の決算が絶好調です。経常利益は前期比94.7%増の2億5900万円!従来予想の1億8000万円を大幅に上回る結果に。17年3月期も15.8%増の3億円に伸びる見通しとなっています…

丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

要点:丸亀製麺を運営するトリドールは、5月11日に美白で有名なSONOKOを30億円で買収しました。最初に耳にしたときは「丸亀の製粉技術が美白に転用できるのか?」などと考えてしまいましたが、そんな小さな話ではありませんでした。”無添加食品”、”中国事業”…

「塚田農場」のエー・ピーカンパニーの成長神話に急ブレーキか?

要点:エー・ピーカンパニーが5月11日に平成28年3月期の決算を発表しました。売上高は前期比13.5%増の218億3900万円でしたが、経常利益は44.7%減の8億2500万円。来期の予想は売上高が10.8%増の242億円、経常利益が微増6.6%の8億8000万円。今期も来期も冴…

クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

要点:日本でも行列ができたことでお馴染みのクリスピー・クリーム・ドーナツ。米国本社の身売りが決定しました。ドイツの資産家ライマン一族の資産運用を担うオランダのJABホールディングス。この投資ファンドは、カフェ運営のピーツ・コーヒー&ティーやカ…

経常利益を60%上方修正!モスフードサービスはどこまでも顧客目線でした

要点:モスフードサービスが5月2日の大引け後に業績修正を発表しました。平成28年3月期の売上高は2.3%増の711億円、経常利益に至っては、当初の見込み25億円から60%アップの40億円。好業績の裏には昨年5月の商品値上げがありますが、顧客離れを引き起こさ…

コロワイド(7616)の業績が良いのか悪いのか判断がつかず、とりあえず買っとけ的な雰囲気になっている件

要点:居酒屋「甘太郎」や「にじゅうまる」を運営するコロワイド。28日に平成28年3月期決算を発表しました。発表後初日の株価始値は1733円で、前日終値よりも44円安。ところがすぐさま反転して、終値は1829円。1日でずいぶん動いていますが、これは決算内容…

吉野家は「ちょい呑み」事業をやめて牛丼に専念するべき2つの理由

要点:牛丼チェーン各社が参入を表明している「ちょい呑み」。吉野家では夜間の売上アップや空きスペースの有効活用など、メリットばかりが取り沙汰されています。が、実際はいい面ばかりでもなさそう。早めに見切りをつけた方が良いのではないかと思う理由…

海帆(3133)で実証された株主優待の効力

要点:16年3月期の連結業績予想を従来の2億7800万円から1億4000万円に59.0%下方修正するという(クソ決算)を発表した海帆。それに合わせて株価はナイアガラのストップ安。ところが株主優待のエサで投資家を釣り上げた、という話。 ■PER?ROE?そんなの関係…

鳥貴族(のフランチャイズ店企業)のマイナンバー盗難事件、むしろ1ヶ月後に発表している方が問題なのでは?

要点:430名分のマイナンバーが盗難に遭いました。報道では鳥貴族ということになっていますが、フランチャイズ契約をしていた別会社、ダンクの従業員のものです。鳥貴族が盗難被害を発表したのは事件から1ヶ月後。直接子会社でも何でもない会社が起こした失…

ジェイグループホールディングス(3063)がどうやら膿を出しきった様子

要点:東証マザーズのジェイグループホールディングスが不採算店舗を一掃、17年2月期の成長に向けて新たなスタートを切りました。経常利益を16年度比65.8%増の1億2000万円の大幅拡大を見込んでいます、という話。 ■16年2月期は特別損失1億9400万円を計上。…

【耳寄り】買参権を取得すれば居酒屋のブランディングと経費削減を両立できる!

■居酒屋がこぞって取得する買参権(ばいさんけん)とは? 築地に外国人が集まるようになっています。彼らがカメラのレンズを向ける先に立っているのは、魚介類を買い付ける仲買人ですね。買参権とは、この競りに参加する権利のこと。居酒屋は通常、仲買人が…

【奢れる者、久しからず?】迷走する小僧寿しチェーン

■昨年末に株式市場から15億円を資金調達 利益を出すことができず、長期の成長を見通すこともできず、事業の売却先を見つけることもできない。そんな企業は日本中に山ほどあります。その先にあるのは、当然”倒産”なわけです。が、大量の投資家と金融機関、従…

【デフレの象徴】280円均一鳥貴族が順調に成長しているの巻

■自社内競合の境界線、500店舗目前 「鳥貴族」。学生や会社員の方なら、一度は行ったことがあるのではないでしょうか?足を運んだことがなくても、黄色い看板を一度は目にした方は多いでしょう。スーパーチェーン系居酒屋ワタミが苦戦する中、格安チェーンで…

【飲食業界に新旋風】「バルニバービ」に見る飲食チェーンの未来

■「めんどくさい」を克服できるかが勝負の分かれ目 昨年10月に上場したバルニバービという会社をご存知でしょうか?カフェレストラン「GARB」などを運営している会社です。5月には、今話題の大阪T-SITEに「MEAL TOGETHER ROOF TERRACE」をオープンします。 …

ウエディングのとりあい?ダイヤモンドダイニングが一家ダイニングに出資を決定

■ダイヤモンドダイニングが第三の事業柱としてウエディングを育成中 ダイヤモンドダイニングは3月末に居酒屋運営を行う一家ダイニングプロジェクトへ出資を行いました。一家が新規に発行する株式6,000株(9.38%)を取得した形。 このニュース、飲食店事業が…

【飲食店必読!】訪日外国人を得意客にしよう

「訪日外国人、政府が立てた目標2000万人を前倒し達成し、2020年の目標値を3000万人に引き上げた」「インバウンドがもたらす国内経済へのインパクトは8兆円に達する」 日本国内の新たな消費の中心として注目を集めている訪日外国人。ニュースで毎日耳にはす…