読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールを飲む理由

飲食店オーナーを目指すサラリーマンが、日々収集したフードビジネスやサービス業についての情報を書き込む備忘録

中目黒高架下開発計画のテナントが出揃ったところで実際の賃料を見てみる

要点:東急電鉄が1600億円もの費用を投じて開発を進めるプロジェクト!「渋谷再開発」の、裏でひっそりと進められていた中目黒の高架下開発計画。中目黒駅の真下の空間約700メートルを、店舗・事務所など40区画に分けて貸し出そうというものです。28のテナン…

大阪のオシャンティな堂島ホテル、2回転半のきりもみ飛行の末に墜落

画像:堂島ホテル 要点:大阪市北区の名物ホテル「堂島ホテル」が2016年12月末で営業を終了します。1984年にビジネスホテルとしてオープンして以来、オーナーや運営会社がコロコロコロコロよく変わることでよく知られたこのホテル。建物は2015年11月にゴール…

大戸屋のお家騒動を村上春樹風にまとめてみる

画像:大戸屋金沢 はじめに:大戸屋ホールディングスがお家騒動に関する、第三者委員会の凄まじい報告書を提出しました。雪国まいたけ、大塚家具どころの騒ぎじゃないです。報告書の方も内容をまとめきれずに、物語風になっているあたりも最高です。渦中にい…

日和産業(2055)にみる国内畜産農家減少と業界再編の動き

画像:生協コープかごしま 要点:西日本地盤の飼料メーカー日和産業のIRに「債権の取立不能」のお知らせが続々と舞い込むようになりました。いわゆる不良債権です。10月3日に鹿児島県の養鶏場、5月5日に長崎県の養豚場、養鶏場の売掛金が不良債権化していま…

福証のジョイフル(9942)は狙い目銘柄か?

画像:ジョイフル 要点:東京には3店舗しかなく、その希少価値からレアポケモンが出ることでプレーヤーの聖地となったジョイフル(嘘です)。実は全国で768店舗展開する、ファミリーレストラン業界3位の強者です。この会社、福証なのでほとんど知られていま…

回転ずし「かいおう」が倒産、中途半端な店は生き残りづらい時代に

画像:食べログ 要点:富山県発祥の回転ずしチェーン「かいおう」が8月末に倒産しました。負債総額は6億7000万円。都内では「お台場」などに出店し、一時期はFCを含め全国36店舗を展開。2015年1月期の売上高は19億1900万円(純損失は3000万円)でした。「か…

経常利益を20%上方修正したモロゾフ(2217)はチョコレートにもっと注力するべき

要点:洋菓子の老舗モロゾフが8月29日の大引け後に上方修正を発表しました。17年1月期第2四半期累計の経常利益を従来予想の8.5億円から10.2億円に20%増額。増益率が51.5%から81.8%に急拡大します。併せて通期の経常利益も従来予想の15.3億円から17億円に1…

2020年羽田空港に新たなホテル1704室が誕生!土地使用料は年間27億円

要点:住友不動産を中心とするプロジェクトチームが、羽田空港に1704室の超大型ホテル群をオープンします。開業時期は2020年6月。ラグジュアリーホテル154室、ハイグレードホテル644室、スタンダードホテル906室というもの。ラグジュアリーホテルは外資系ブ…

ぐるなび(2440)が次の成長戦略に向けて酒蔵の囲い込みを進めている件

要点:ぐるなびが日本酒造組合中央会と連携し、日本全国の「日本酒・焼酎データベース」構築へと動き始めました。飲食店ポータルサイト事業の成長は頭打ち。新たな事業戦略として、生産者などの川上を抑える方向へと動いているようです。悪い言い方をすれば…

「飲食店.COM」のシンクロ・フード新規上場はVCナシの優良案件です

要点:飲食店経営者と、外食関連業者のマッチングビジネスプラットフォーム「飲食店.COM」を運営するシンクロ・フードが9月29日にマザーズ市場に新規上場します。公募株数40万株で、想定発行価格は1960円。およそ15.8億円の資金調達になります。この会社、VC…

新興ブライダル企業エスクリ(2196)も、”泥船”不可避か

要点:2003年創立、2007年にマザーズ上場、2012年に東証一部に指定替えと順調に成長してきたブライダル企業エスクリ。2年ほど前までは都市部へのビルイン型婚礼施設の出店で急成長していたものの、今年2月に入って通期の利益を予想の19.2億円から6.7億円に65…

ベインキャピタルが仕掛けた「大江戸温泉リート投資法人」はやや香ばしい匂いがする

要点:全国に31の温泉旅館を経営する大江戸温泉ホールディングスが、今年8月に温泉特化型リートを上場させます。仕掛けたのは米投資ファンド大手、ベインキャピタル。リート市場に上場して調達する資金はおよそ200億円です。ベインキャピタルは2015年3月に非…

そば居酒屋「高田屋」でお馴染みのタスコシステムが倒産

要点:「北前そば高田屋」や焼き鳥「とり鉄」などを運営していたタスコグループが先月倒産しました。2001年にジャスダックに上場、2003年のピーク時の売上高は182億3700万円にも達していました。「升屋」「月の虎」など数々の業態を立ち上げ、2008年には直営…

大手町にフォーシーズンズホテル!2020年春オープンです

要点:大手町にフォーシーズンズホテルが誕生します。開業は2020年春。地上39階建てのビル34~39階部分を、レストラン、宴会場、スパ、プール、フィットネス・ジムを含むホテルとして稼働(写真B棟の矢印あたりがちょうどホテル部分です)。延べ床面積は25,5…

外食経営のトレンドは「金太郎アメ」から「水アメ」型に変わっているのかもしれない

画像:バルニバービ 要点:外食企業バルニバービ(3418)が、不動産開発の日本エスコン(8892)と提携し、大津駅に簡易宿泊施設をオープンします。施設運営をバルニバービが手掛け、物件への一部投資と経営ノウハウを日本エスコンが提供するというもの。協業…

いちごホテルリート投資法人が手堅いビジネスホテル10物件を新規取得

要点:昨年11月30日にJリート市場に上場した、いちごホテルリート投資法人(3463)がビジネスホテル10物件を新規取得しました。取得額はおよそ272億円。上場時の資産規模9物件204億円から19物件476億円に急拡大します。取得した物件は「ネストホテル大阪心斎…

ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収!売り上げ規模は300億→400億へ

写真:ダイヤモンドダイニング 要点:外食上場企業大手のダイヤモンドダイニングが、「アロハテーブル」などで有名なセントレックス上場ゼットン(3067)の株式を公開買い付けします。買い付けの下限を40%と設定しており、完全子会社化への布石となります。…

KG情報(2408)はウエディング事業で本気のテコ入れを図るべき3つの理由

要点:KG情報(2408)の16年12月期第2四半期の連結経常利益が前期比8.7%減、0.4%増益予想から一転して減益となりました。更に通期の利益を従来予想の7億円から4.9億円に約30%下方修正。株価は7月7日の555円から、8日の489円まで急落。この会社、微妙に力…

狂気の沙汰か、イスラム圏進出への布石か?海帆(3133)のムスリム完全対応「ゆずの雫 姫路駅前店」

要点:海帆(3133)は7月1日にムスリムに完全対応した居酒屋「ゆずの雫」をオープンしました。場所はなぜか姫路駅前。イスラム教徒が多いわけでも、ムスリム観光客が多く集まるエリアでもありません。今回オープンした店舗は、イスラム教徒向けの礼拝所まで…

横浜の「ホテル、ニューグランド」が東電からカネをせびっていた件

要点:横浜のランドマークとして、昭和2年に開業した老舗ホテル「ホテル、ニューグランド」。ロマン溢れる建物が観光客に人気です。そんな表向きの顔とは裏腹に、隠れて東京電力からおカネをせびっていました。理由は「福島第一原発事故による、風評被害」。…

金沢に誕生する外資系ホテルは「ハイアット・セントリック」に決まったようです

要点:金沢市に誕生する初の外資系ホテルが都市型ハイブランド「ハイアット・セントリック」に決定しました。ディベロッパーはオリックス、土地取得金額は22億円。敷地内はホテル棟とレジデンス棟の2つに分かれており、ホテルは250室、レジデンスは109室とな…

星野さん、そうっすよね、ビジネスホテルとシティホテル買いますよね。旅館なんてやってらんないっすよね。が、よく分かります

画像:ニュースイッチ 要点:星野リゾートリート投資法人が平成28年4月期の決算を発表しました。営業収益は35億5900万円(リートは半年毎の発表です)と、予想を3100万円上回るまずまずの結果に。ちなみに5期は19億2600万円でした。急激に伸びているように見…

「物を売るってレベルじゃねぇぞ!SOL HOLDINGS(6636)」

要点:その名はスーパーソルガム。何がスーパーか。サトウキビより背丈が高く、1年間で2回の収穫が可能。高糖度で種まき後4ヶ月で収穫ができる。用途はシロップからバイオエタノールの原料と様々。そんなところがスーパーなのです。ところがこの神秘の植物、…

小僧寿し(9973)の成長戦略がまたしても”やらかしている”件

要点:小僧寿し(9973)が成長戦略を発表しました。これまた尖った内容です。今まで新規事業で業績回復を目指すと宣言し、市場から資金まで調達した「新規業態 ステーキ店」、「新開発 ラーメン店」は撤退を決定。業務の効率化を図る統合システムは2700万円…

食べログ有料会員が1年で100万人も増加してる!年間売上は27億円

要点:飲食店の検索サービスとして国民的存在となった「食べログ」。カカクコム全体の売り上げの40%近くを担う巨大サイトに成長しました。店舗からの広告収入も堅調に推移していますが、次の成長戦略として打ち出したのが有料会員。その数が急増しています…

それで、セレブ少女ララちゃんとやらは何者なのか?

要点:インスタグラムから始まり、今ではテレビでも取り上げられるようになったセレブ少女ララちゃんをご存知でしょうか?世界中を旅する派手な私生活や、紗栄子さん小嶋陽菜さんといった芸能人とツーショットを撮る姿、大人顔負けのファッション画を描きあ…

フィンテック グローバル(8789)が仕掛ける「ムーミン谷」は年間来場者数1400万人?!

要点:埼玉県飯能市に新たなテーマパーク「ムーミン谷(メッツァ)」を開発するフィンテック グローバルは、土地の取得が完了したと5月31日に発表しました。宮沢湖周辺の土地、18万7000㎡の取得金額は6億円。独自に弾きだした回帰分析によると、年間の来場者…

正直微妙な日本エスコンといちごHDの提携。でも低位株ハンターには狙い目かも

要点:不動産流動化やファンド組成などを行ういちごHD(2337)と、不動産開発の日本エスコン(8892)が5月31日に業務提携すると発表しました。昨年11月にいちごホテルリート投資法人をリート市場に上場したいちごHD。今回の提携により保有資産の拡大に勢いが…

ウエディング企業はプラン・ドゥ・シーを超えることができないのかもしれない

要点:非上場企業プラン・ドゥ・シー。ゲストハウス型婚礼施設の嚆矢となった会社です。そのビジネスモデルを踏襲して日本中に広めたのがテイクアンドギヴ・ニーズ(4331)とノバレーゼ(2128)でした。中国への先行投資が失敗し、業績が悪化する一方のT&G、…

ハウス食品(2810)は可愛い顔してヤルことは結構ヤル

要点:フルーチェ、バーモントカレー、北海道シチューといえば、ハウス食品。テレビCMではAKBや武井咲を全面に押し出して、可愛さ満点な感じです。ところが、ビジネス面では香辛料、カレーの分野で寡占化を進めている超大人な企業。昨年12月にはCoCo壱番屋、…

PER59倍を気にしない人にオススメしたい優良企業サガミチェーン(9900)

要点:「和食麺処 サガミ」「味の民芸」でお馴染みのサガミチェーン。業績が好調です。16年3月期売上高は昨対で2.2%増の258億8700万円。経常利益は38.6%増の8億7600万円でした。17年3月期の予想を売上高0.4%増の260億円、経常利益を3.8%増の9億5000万円…

「酔虎伝」のマルシェ(7524)はそろそろ酔拳とか出さないとヤバい

要点:居酒屋「酔虎伝」や「八剣伝」、「居心伝」を運営するマルシェ。今期の経常利益が53%マイナスの8200万円と、いよいよ瀬戸際へと追い込まれました。このあたりで酔拳の一つでも出して大逆転を狙わないと、いよいよヤバいですよ、という話。 ■売上高減…

森下仁丹(4524)は、営業を本気で頑張るか、IRで投資家を煽るべき

要点:森下仁丹は、もはやフリスクの骨董品のような丸薬を販売している中小企業ではありません。シームレスカプセル(切れ目のないカプセル薬です)で競争力をつけた前途有望な企業です。内臓のどこで薬を溶かすか、その設計までできる素晴らしい技術です。…

6月上場のコメダ珈琲は話題性でバブっている内に売るのが得策

要点:外食系、久々の大型案件です、コメダの新規一部上場。現在の680店舗から全国1000店を目指す成長性、業績が急拡大した話題性、誰でも知っている知名度。そんなわけで新規公開株(IPO)を手に入れようと、様々な投資家が食指を伸ばしています。が、個人…

レッド・プラネット・ジャパンは問題が山積みのまま、見切り発車でホテル用地を買ったっぽい

要点:ホテル運営などを行うレッド・プラネット・ジャパン(3350)は、5月20日に北海道札幌市中央区の土地768㎡を取得したと発表しました。平成28年6月に代金を支払い、平成30年3月にホテルをオープンする予定。驚いたのは、取得金額が明記されていないこと…

第一ホテル東京の隣にJR九州のホテルが誕生します!

要点:JR新橋駅近くに地上27階建てのオフィスとホテルの複合ビルが誕生します。19年度竣工を目指し、新橋エリアのランドマークを創出する計画。ホテル運営は九州旅客鉄道。「JR九州ホテル ブラッサム新宿」に続く2号店となる予定です。場所が面白いですね、…

リンクバル(6046)は主力の”街コンサイト”を放置して、ムリをしてでも次の稼ぎ頭を構築するべき2つの理由

要点:街コンの企画とポータルサイト「街コンジャパン」の運営をするリンクバル。超小型株の新星として2015年4月に上場しました。5月に高値の3400円をつけたものの、あれよあれよという間に900円台。上昇する気配はありません。この会社、メイン事業に早く見…

”アサイードリンク”のフルッタフルッタ、オワッタオワッタ

要点:アサイードリンクでお馴染みのフルッタフルッタ。5月16日に発表した業績によると、固定資産2億8000万円→ゼロ、短期借入金4億円→12億円で、振るわない振るわない。オワッタオワッタ。 ■アサイーブーム終了、円安による原材料高、輸入時の容器・包装破損…

「アタラナイカキ」でお馴染みの「ゼネラル・オイスター」、株価は海に沈む貝のように

要点:2015年にマザーズ市場に新規上場した「ヒューマン・ウェブ」。5月16日に決算を発表しました。16年3月期の最終損益は4億8600万円の赤字。上場直後に発表した前の期は1億5300万円の黒字でした。上場ゴールのいやーな空気が流れるなか、17年3月期の純利益…

フライングガーデン、株高狙わないってよ

要点:ファミリーレストランのフライングガーデン(3317)。5月9日に発表した2016年3月期の決算が絶好調です。経常利益は前期比94.7%増の2億5900万円!従来予想の1億8000万円を大幅に上回る結果に。17年3月期も15.8%増の3億円に伸びる見通しとなっています…

丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります

要点:丸亀製麺を運営するトリドールは、5月11日に美白で有名なSONOKOを30億円で買収しました。最初に耳にしたときは「丸亀の製粉技術が美白に転用できるのか?」などと考えてしまいましたが、そんな小さな話ではありませんでした。”無添加食品”、”中国事業”…

それにしても博多のホテル開発は勢いが強い件

要点:博多エリアのホテル開発がものすごい勢いで進んでいます。2016年から2018年にかけて博多駅前に新規出店するホテルは、発表されているだけで6つ。さらに、地下鉄七隈線、渡辺通駅前の土地をマルイトグループ(ホテルモントレを運営しています)が買収し…

【進む都内の再開発】ガンダムと同じ高さのスクリーンの映画館が池袋に誕生!

要点:すっかりアニメファンの聖地となった池袋。その街にスクリーンの高さ18mという国際最大級の映画館が誕生します。池袋は更に豊島区旧庁舎跡地活用事業による再開発も進めています。30階建ての超高層オフィス棟、新庁舎などを建設する予定。オフィス棟…

「塚田農場」のエー・ピーカンパニーの成長神話に急ブレーキか?

要点:エー・ピーカンパニーが5月11日に平成28年3月期の決算を発表しました。売上高は前期比13.5%増の218億3900万円でしたが、経常利益は44.7%減の8億2500万円。来期の予想は売上高が10.8%増の242億円、経常利益が微増6.6%の8億8000万円。今期も来期も冴…

クリスピー・クリーム・ドーナッツの身売り先はコーヒーの会社を多数保有する投資ファンドJABでした

要点:日本でも行列ができたことでお馴染みのクリスピー・クリーム・ドーナツ。米国本社の身売りが決定しました。ドイツの資産家ライマン一族の資産運用を担うオランダのJABホールディングス。この投資ファンドは、カフェ運営のピーツ・コーヒー&ティーやカ…

東証一部上場企業「北の達人(2930)」は、できの悪い新人営業マンみたいで逆にカワイイ

要点:北の達人という東証一部上場企業をご存知ですか?健康食品や美容関連商品を扱う企業です。4月中旬に発表した決算内容が面白い。”できない”新人営業マンの特徴を完璧なまでに踏襲しています、という話。 ■”できない”営業マンの達成できない目標と甘い見…

ホシザキ電機は北米事業の伸びに期待できそう

要点:ホシザキ電機が9日の後場に、16年12月期第1四半期の決算を発表しました。経常利益は前年同期比3.3%減の76.7億円。上期計画の進捗率が39.6%を下回りました。決して良くない内容にも関わらず、株価終値は410円アップの9730円。これには海外事業への期…

ホテルの出店ラッシュが止まらない!奈良県にJWマリオット誕生

要点:森トラストが2020年に奈良県初の外資系、しかも日本初のJWマリオットブランドホテルをオープンします。京都に比べて宿泊施設はイマイチだった奈良県。悲願の大型ホテル誕生です! ■高級リゾートホテルJWマリオット JWブランドはマリオットのフラッグシ…

経常利益を60%上方修正!モスフードサービスはどこまでも顧客目線でした

要点:モスフードサービスが5月2日の大引け後に業績修正を発表しました。平成28年3月期の売上高は2.3%増の711億円、経常利益に至っては、当初の見込み25億円から60%アップの40億円。好業績の裏には昨年5月の商品値上げがありますが、顧客離れを引き起こさ…

松屋(8237)が婚礼施設「リュド・ヴィンテージ目白」の運営に特化した子会社を設立。違う、違うんだ、その物件はとっとと売却するべきなんだ

要点:2014年12月にグランドオープンした婚礼施設「リュド・ヴィンテージ目白」。松屋の施設ですが、どうやら鳴かず飛ばずの様子。運営は飲食事業を取り仕切る子会社「アターブル松屋」が行っています。経営を集中させるため、松屋は別会社「リュド・ヴィン…